当事務所は税理士・社会保険労務士・行政書士・中小企業診断士の在籍する総合会計事務所です。
中小企業の社長様のお悩みをワンストップで解決します。
認定経営革新等支援機関に認定されました!

高木容子税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
東京税理士会所属

お気軽にお問合せください。

高木容子税理士事務所

TEL:03-3901-9880

tax-takagi@tkcnf.or.jp


営業時間

平日・毎月第2土曜日

9:00~12:00、13:00~18:00

休日 土・日・祝日

(毎月第2土曜日を除く)

よくある質問

起業に関してのQ&A

起業したいので起業時また今後の経営,税務,労務についての指導をお願いしたいのですが。

当事務所では起業したばかりの方々のさまざまなお手伝いをしております。会社の設立・その後の経営・税務・労務すべて当事務所にてお手伝いできます。会計や税務に限らず何なりとご相談ください。

独立するに当たってあまり資金がないので資本金を抑えて会社設立をしたいと思っています。今なら1円から会社が設立出来ると聞きました。1円で本当に出来るのでしょうか? またこの場合のメリット、デメリットはなんでしょうか?

今現在であれば資本金1円での会社設立はできます。ただそのための設立費用は別にかかります。メリット、デメリットについて言えばメリットは資本金が300万円や1000万円なくても会社が作れるということです。資本金1円でも株式会社が作れてしますのです。デメリットとしては登記簿謄本を調べれば資本金の金額がわかってしまうため資本的基盤が弱いと思われる場合もあることです。設立するまでの事前相談や打ち合わせなどもご気軽にご相談ください。

今はサラリーマンなのですが半年程先に独立して、会社設立を考えています。いろいろと相談にのっていただけるでしょうか?

脱サラで起業をなさる方のご相談が増えています。お気軽にお問い合わせください。

法人化のメリットを教えてください。

個人事業に比べて、会社は会計処理が複雑で経理面が厳格です。また、会社は情報の開示をし、一定の透明性を持ち合わせている組織です。したがって、取引会社からの信用が得られ、事業拡大に繋がったり、大会社との取引が可能になったりと有利な面が多数あります。また、金融機関からの信用も自営業とは全く違うので、資金調達に有利です。更に、会社にとって重要な人材の確保にも有利となり、法人化のメリットは多岐にわたっています。

会社設立の流れを教えてください。

まず、設立の目的(商売内容)、商号(社名)、役員、本店所在地など、会社の基本事項を決定します。許認可業に当たる場合は要件を満たしているかどうか次に、定款の認証をします。定款を作成し、公証役場で公証人の認証を受けます。さらに、出資の履行をします。出資金を銀行に振込んだり、現物出資が有る場合はその引渡しを受けます。最後に、登記申請をします。ちなみに、登記日が会社設立日となります。確認します。そして、法定手続き書類に押印するための会社印などを発注します。必要になる印鑑は、代表取締役印、会社銀行印、会社角印です。

個人事業主の方向けQ&A

1月から個人で美容院を開業しました。会計ソフトの記帳指導お願いしたいのですが。

会計ソフトの記帳指導も行っております。簿記知識がなくても記帳できるよう、わかりやすく一からご指導いたします。お気軽にお問い合わせください。

独立して半年が経ちます。まだ、個人事業主届出書も提出していないのですが、どうすればいいのでしょうか。自分で帳簿に記入しているのですが、ちょっと不安なので、税理士に見てもらうことはできるのでしょうか?

届出書のなかには提出することにより節税できるものや、届出をしていないと適用できないものなどございます。各種届出書の提出もお任せください。その後の記帳や記帳のチェックも行います。

今個人事業主として取引先と業務委託契約を結んでいます。収入も安定してきたので会社を作って節税したいと思いますがいろいろとアドバイスを受けてみたいです。

一般的には利益が大きいほど会社を作った方が節税になります。いろんなご相談にお答えいたします。

サラリーマンですが、確定申告だけを依頼することはできますか?

はい、できます。不動産所得がある方や株の配当所得がある方、(退職所得控除を超える)退職所得があった方、不動産等の譲渡所得がある方、一定額以上の年金所得のある方、さらには住宅ローン 控除や医療費控除を受けたい方や、給与収入が2,000万円を超える方などは是非お問い合わせの上、ご相談ください。

法人の方向けのQ&A

会社を設立して3年が経ちますが、利益がかなり出ています。何かいい節税方法はあるのでしょうか?

節税については会社の将来ビジョンとも関係してくることなので一言ではいえませんが会社と経営者の税率の違いや会社の税率の分かれ目の観点、消費税との関係などいくつか考慮しなければいけない点があります。やり方しだいでまったく税金の金額が違ってくるものです。

日常処理は会計ソフトに入力していますが処理の内容をメールのやり取りでチェックしてもらえないでしょうか?

メールでの対応は行っております。会計データをメールでやり取りすることで書類の受け渡しの手間が省け、業務の効率化が図れます。

業績も上がってきて経理や税務のアドバイスから将来的な事業計画など戦略的なアドバイスを受けたいのですが?

事業計画や業務改善など将来に向けてのアドバイスも行っております。過去データの確認から将来の目標データを設定して将来像のイメージを持つことがポジティブな経営には必要です。

インターネットを利用した会計を行って出張先でも会社の業績を確認することができるのでしょうか?

インターネットを利用した会計システムを導入しています。会社と会計事務所を同じサーバーと介して同一データを見ながら電話で打合せをすることができます。修正もその場で行って同時に反映されますから距離を感じなくて済みます。もちろん出張先からでもパソコンとインターネットの環境設定がなされていれば、いつでも現在のデータを確認することができます。

金融機関から借り入れをする時にはどんな書類が必要ですか?

会計関係の書類では、確定申告書(決算書含む)・試算表等です。設立されたばかりで申告書や試算表がない場合は事業計画書や今後の計画を出す必要があります。決算書や試算表以外の提出資料の作成サポートも当事務所で行っております。

他の税理士事務所から移りたいのですが、どういう手順になりますか?

まずは、事業内容等の現状とこれまでの税理士事務所で受けられていたサービス内容を教えていただきます。そして、今後望まれるサービス内容のご希望もおうかがいした上で料金のお見積もりと、スムーズな引継ぎの手順をご相談させていただきます。当然秘密厳守での対応をさせていただきますので、ご安心してお問い合わせ・ご相談ください。